オゾン実験データ1:(財)日本食品分析センター調べ

テイクケアTOP

オゾン TOPページ  > オゾン発生器一覧  > 除菌実験データ

オゾン

除菌実験データ

実験データ1:(財)日本食品分析センター調べ

試験内容

オゾン発生器を設置したショーケース(約10℃)に細菌[セレウス菌、黄色ブドウ球菌及び腸炎ビブリオ]の菌液を塗抹した寒天平板培地(以下「試験平 板」という)を入れ、オゾン(濃度0.1ppm)曝露させた。
2及び4時間後試験平板を回収し、培養後生育した集落数を計測し生菌数とした。
また、対照と して、オゾン曝露せずにショーケースに試験平板を入れ、同様に試験した(4時間のみ)。
なお、培養及び生菌数の測定は財団法人日本食品分析センター大阪支所にて行った。

試験菌 オゾン曝露なし(4時間) オゾン曝露あり(2時間) オゾン曝露あり(4時間)
黄色ブドウ球菌 390 3 2
腸炎ビブリオ菌 380 0 0
セレウス菌 200 37 36

試験結果/試験平板 1枚あたりの生菌数 (財)日本食品分析センター調べ

黄色ブドウ球菌(培養平板)
オゾン殺菌実験データ 培養平板(黄色ブドウ球菌)
腸炎ビブリオ菌(培養平板)
オゾン殺菌実験データ 培養平板(腸炎ビブリオ菌)
セレウス菌(培養平板)
オゾン殺菌実験データ 培養平板(セレウス菌)

オゾンによる除菌効果試験

○試験菌名:黄色ブドウ球菌
○試験条件:管理温度 25℃
○オゾン濃度:0.1ppm
○試験菌名:セレウス菌
○試験条件:管理温度 25℃
○オゾン濃度:0.1ppm
オゾンによる殺菌効果試験 黄色ブドウ球菌 オゾンによる殺菌効果試験 セレウス菌

黄色ブドウ球菌に対してのオゾンガスによる除菌効果は、25℃環境下においても顕著に現れている。
経過時間5時間及び6時間のサンプルの菌生存率が上昇しているが、2項オゾン曝露時間系列を見てもわかる様に、オゾン曝露を行うまでに4時間及び5時間程度25℃の環境下で保存されている為、その間に初期増殖が行われていると推測される。

セレウス菌に対してのオゾンガスによる除菌効果は、25℃環境下においても充分な効果が見受けられる。

試験内容/ほうれん草のオゾン鮮度保持試験

試験条件/家庭用冷蔵庫にて3日間保管(メーカー調べ)

(オゾン未使用) (オゾン使用)>
オゾン未使用 オゾン使用

オゾン発生器一覧

※当製品は薬事法における医療用具ではありません。
※オゾン発生器は、ポイント、プレゼント対象外とさせていただきます。

オゾン殺菌実験データ のトップへ▲

土曜日も出荷しています!  テイクケア 営業カレンダー
テイクケアQRコード  
テイクケア営業日カレンダー

▲携帯QRコード 携帯電話からもご購入できます。もちろんポイントもつきます!
※モバイルサイトでは、クレジットカード払い、NP後払い(コンビニ等)はご利用できません。
    代引き、銀行・郵便局先払いのみとなりますので、予めご了承ください。


送料・お支払いについて / 詳細はこちら
テイクケア 送料・お支払いについて

オゾン発生器
オゾン
消臭・除菌はおまかせ。コンパクト&パワフル!家庭用から業務用まで豊富。オゾン水タイプもあります。

各種決済取り扱い
ウォーターサーバー・天然バナジウム水「クリティア25」
会社案内個人情報の取り扱いについてサイトマップリンク
Copyrights(C) テイクケア All Rights Reserved